衛生面にも気を使いたいエステティシャン

エステティシャンはお客様のお顔やボディを直接触れ、時には大変プライベートなゾーンまで施術する職業です。
そのため衛生面での心がけを常に持って安全で清潔に身の回りを整える必要があります。
特に爪などは短くカットしておくのがマナーです。

特にフェイシャルマッサージなどをすると気には長い爪はお客様の肌を傷つけてしまう原因にもなってしまいます。
ネイルなどを施術したい気持ちはわかりますが、あくまでも爪は短くカットして清潔さと安全性を保つ必要があります。
同様にエステティシャンは自分自身もボディメンテナンスを怠らず、スタイルや肌の状態をよく保たなければなりません。

お客様からいつも清潔で感じがいい、このエステティシャンのようになりたいという想いを持ってもらうことができれば、痩身などの際の食事指導や生活習慣アドバイスなどもよく聞いてもらうことができ、説得力が生まれます。
ユニフォームもいつも清潔で汚れのないものを着て、髪をきちんとまとめ、衛生面でもスキのない美しさを目指しましょう。

衛生面に配慮するエステティシャン

近ごろでは、脱毛や痩身などさまざまな施術を受けるために、多くの女性たちがエステサロンなどに通っています。エステサロンでは、熟練したエステティシャンが丁寧にきめ細かい心配りで質の高いサービスを提供しています。サロンでは、お客さまが脱毛やマッサージのために肌を露出することが多いため、清潔なシーツやタオルが必要不可欠といえます。常に衛生面に注意して、清掃や洗濯をしっかりと行っているサロンは、多くの人々から圧倒的な支持を得ているのです。

さらに、エステティシャンは、直接お客さまの肌に触れて施術を行います。そのため、ウィルスなどの感染予防のためにも手洗いやうがいなどをこまめにして衛生管理を徹底しています。いつでも利用者が気持ちよくリラックスできる快適な空間を演出するために、さまざまな努力や工夫を重ねているのです。これからも、高度なハンドテクニックや上質な接客、そして徹底した衛生管理に配慮していきます。

注目サイト

エステサロンを横浜で探す

2017/9/29 更新